SSブログ
前の10件 | -

50代技術者の転職活動(3) ~ハローワークに行ってみた~ [雑記]

さて、しばらく無職になることを決め込んだので、当面必要なお金のことをちょっと心配しなければなりません。
少ない退職金が手に入ったものの、これを切り崩して生活するというのも心もとないものです。
というわけで今回は、雇用保険の失業給付金を受けるために「ハローワーク」に行った、というお話です。

ハローワークは正式には「公共職業安定所」と言って、昔は「職安」なんて言い方をしていましたね。
私は今回初めて行くことになったのですが、行く前の勝手なイメージとして「どうせ長時間さんざん待たされたあげくに、窓口で杓子定規なお堅い対応しかしてくれないんだろうなー」なんて思っていて不安があったのですが、実際は全然そんなことはありませんでした。

退職した会社から郵送されてきた「離職票」を持って、4月中旬にハローワークに行ってきました。
私が行った最寄りのハローワークは、市の合同庁舎の中にあったのですが、案内表示に従って進めばすぐに対応窓口にたどり着けるし、窓口のそばにはコンシェルジュみたいな人が立っていて、そこで手続きについて手取り足取り、親切に教えてもらえました。職員の皆さんは腰が低くて、早口ながら丁寧に説明してくれるので、すごく安心できました。変な先入観を持っていてゴメンナサイ、って感じです。
4月という季節柄、同じような境遇の人がやはり多いようで、待合スペースには30~40人ぐらいはいたようです。
ここにいる人はみんな無職なんだ…と思うと何だか複雑な気分になりました。
ハローワーク1.jpg
離職票に添付されていたパンフレット

雇用保険の失業給付を受けるためには、ハローワークへの求職登録が必須になっているので、受給手続きと同時に求職申込み手続きも行います。求職申込書をその場で書いて提出するのですが、実はインターネットで事前に仮登録することができます。これはぜひ事前にやっておくことをおすすめします。そうしないと、「過去の職歴」や「希望職種」など細かいことをすべてその場で書かなければならなくなります。私は良くわからないなりに事前にネットで登録しておいたので、時間が短縮されてとても助かりました。

さて、失業給付の手続きが終わったからといって、すぐにお金がもらえるわけではありません。受給資格があるかどうかを確認するために、4週間ごとにハローワークに「出頭」する必要があります。また、その4週間のうちに実際に求職活動をしたという「活動実績」も必要になります。出頭して、活動実績を確認して初めて資格が認定され、給付金額が確定します。
私も5月の初旬に再度ハローワークに行って、ようやく受給資格を認定されました。
受給の金額や期間は、年齢や直前の収入額によっても違いますが、ざっくり言うと直前の月収の約半分、期間は最大1年というケースが多いようです。

活動実績は4週間のうちに2回以上というノルマがあり、企業への応募/面接、職業講習会や説明会、資格取得などが実績にカウントされます。ただ、現在は新型コロナウィルス感染防止の観点から条件が緩和されているようです。(活動できなくてもOK、出頭せずに郵送でもOKなど)

次回は、その求職活動について書いてみます。(つづく)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

50代技術者の転職活動(2) ~役所で手続きいろいろ~ [雑記]

さて、退職することを会社に伝えて、しばらく無職になることを決心した3月中旬。
ある重要なことが自分の考えから抜けていることに気が付きました。
「そういえば、健康保険証ってどうなるんだ? 子供も扶養に入ってるんだけど…」

調べてみたら、健康保険についてはどうやら2通りの方法があるようです。
(1) 会社の健康保険を継続する(任意継続制度)
(2) 会社の健康保険から国民健康保険(国保)に切り替える
(3) 他の家族(例えば配偶者)の健康保険の扶養に入れてもらう

(2)(3)はなんとなく知っていたのですが、(1)の任意継続制度は知りませんでした。退職した後も、希望すれば会社の健康保険をそのまま継続できるというものです。ただし、継続期間は最大2年間で、しかもこれまで会社が半額負担していた毎月の保険料を自分で全額納めなくてはなりません。自分の保険料を確認してみたら、これが結構な高額で、ちょっとビビリました…

では、(1)任意継続と(2)国保ではどちらが保険料が安いのか?
年齢とか年収でも当然違うし、自治体(市区町村)によっても保険料はまちまちで違うらしいのですが、一般的には国保のほうが安くなるケースが多いようです。そんなところ、こんな便利なサイトを発見しました。
国民健康保険計算機
自分の市区町村と年齢、年収などを入力すれば、国保の保険料を概算で出してくれます。これで出してみたら、私の場合は国保のほうがかなり安いことがわかりました。
じゃあ、国保で決まりかな~と思っていたら、ひとつ問題が。国保には「家族の扶養」という概念が無いので、子供の健康保険証をどうにかしなくてはなりません。しかたないので、今回は子供についてはカミさんの勤務先の健康保険の扶養に入れてもらうことで決着することにしました。

というわけで、国民健康保険の加入手続きをするために、4月に入ってすぐに地元の市役所に行ってきました。必要なものは、会社を退職した時に受け取った「被保険者資格喪失確認通知書」と印鑑です。その場で申請書を1枚書き、自分の受付番号が呼ばれるのを待ちます。この時期は同じような境遇な人が多いだろうから、けっこう待つことを覚悟していましたが、意外と待ち時間は少なく、すんなりと手続きが進みました。ベルトコンベア方式ですぐ隣の国民年金の窓口まで自動的に申し送りされて、国民年金の加入手続きも同時にできてしまいました。
しかも、その手続きをしている間に健康保険証の印刷が行われ、そのまますぐに健康保険証(カード型)を受け取ることができました。てっきり後日に郵送されるのかと思っていたので、この意外なスピード感にビックリしました。いやー最近のお役所仕事は素晴らしいですね!いつもバカにしていてすみません…

今回はここまで。次回は雇用保険をもらうためにハローワークに行ったお話です。
(つづく)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

50代技術者の転職活動(1) ~会社を辞めました~ [雑記]

突然ですが、実は今年の3月末に、約8年間勤めた会社を退職していました。
希望退職者募集に応募する形だったので、名目上は会社都合の退職(=クビ?)になりますが、実際は自ら望んで辞めた、ということになります。ちなみに、その前に長く20年以上勤めていた以前の会社のほうも希望退職でしたが…

辞めた理由は、一言で言うと「コロナ禍」の影響です。
技術職として機器の開発に関わっていたのですが、会社の業績の影響を受けて、出向・転勤により勤務場所を短期間にコロコロ変えられたあげくに、開発案件そのものを取り上げられて「企業内失業」の状態になってしまったのでした。

こうなると、仕事に対するモチベーションはなかなか上がりません。さてどうしたものか、と考えあぐねているそんな時に希望退職の募集案件がポッと出てきました。何だか会社の策略に都合良くはまっているような気もして、ちょっと悩みましたが、意に沿わない仕事をこのまま続けるよりはマシだろうと思い立ち、しばらく無職になる覚悟で退職することにしました。

というわけで、30年以上の社会人生活の中で、初めての無職生活を体験している最中です。とりあえず人生の「1回休み」ですかね。とは言え、年金をもらうにはまだまだ早い年齢だし、家のほうも何かと物入りなので、とりあえず何かで糊口をしのぐ必要はありますね。

そんなこんなで、ここ数か月の50代前半技術者の転職活動について、しばらく書いてみようかと思っています。
(つづく)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

国内遠距離中波局を海上伝搬で受信した話 [受信情報]

先日、国内中波局の受信限界調査についてのツイートを見かけて、非常に興味をそそられました。
(直接リンクは差し支えあるかもしれないので、私の引用リツイートをリンクしておきます)


この受信調査結果のマップを見ると、電離層反射が起こらない昼間の中波の伝搬のしかたは面白いですね。
陸上よりも海上のほうが地表波の伝搬ロスが少なく、遠くまで聞こえることがよくわかります。

これを見て、そういえば自分も実家の鹿児島から沖縄の中波局の受信に挑戦したことがあったなあ、と大昔のことを思い出しました。今から40年前の1981年、私は中学生でしたが、この時に沖縄の民放中波3局を昼間に受信してベリカードを入手しました。
738kHz JORR RBC 琉球放送
783kHz JOXR ROK ラジオ沖縄 (現在の周波数は864kHz)
1251kHz JOTF KHR 極東放送 (現在のFM沖縄の前身)

そもそもの動機は、混信だらけで聞きにくい夜間よりは、もしかしたら昼間のほうが混信が無くて逆に聴きやすいのでは、と思ったのがきっかけでした。そしてこれが大当たり。非常にクリアに受信できました。ただし受信レベルが低すぎて、音声は蚊の鳴くような小さい音だったので、かなり耳をすます必要がありました。

しかしこれは大きな発見でした。特に1251kHzは当時、大出力のモスクワ放送(ウラジオストク)が常用していて、夜間に本土から極東放送を受信することはほぼ絶望的だったからです。

伝搬距離はどのくらいだったのか、ちょっと調べてみました。極東放送(現FM沖縄)のある沖縄県浦添市から受信地の鹿児島県川内市までは約670kmあるようです。そして伝搬経路のほとんどすべてが海上です。
キャプチャ1.JPG

そして、使用した受信機はこちら。(写真は他から拝借)
SONY ICF-110B (IC-11)
私が初めて手に入れたBCLラジオで、調べてみるとICとFETトランジスタを日本で初めて採用したラジオということらしいです。あのスカイセンサーシリーズが登場する前までは最も台数が出た機種だとか。昼間の超弱い中波局が受信できたことをいま思うと、この時代のラジオは非常に高感度だったのでしょうね。

51HzxQxTOUL._AC_.jpg

この時のベリカードがこちら。いやぁしかし、この時に極東放送を受信しておいて本当に良かったです。
まさかこの3年後に中波からFMに鞍替えして放送局が消滅してしまうとは思いもしなかったので…

738kHz JORR RBC 琉球放送
琉球放送.jpg

783kHz JOXR ROK ラジオ沖縄
ラジオ沖縄.jpg

1251kHz JOTF KHR 極東放送
極東放送_表.jpg
極東放送_裏.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブログ再開してみます [雑記]

前回の記事投稿が2019年7月なので、約2年ぶりの投稿になります。
どうもご無沙汰しております。
とりあえず再開してみることにしました。
以前に書いた記事などはもうだいぶ陳腐化してしまって、読み返すのも恥ずかしい状態になっていますね…
かと言って消すのももったいない気がするので、自分が生きた証(あかし)として残しておくことにします。
歳を重ねて、自分の立ち位置がいろいろ変わってきていますので、以前と同様の分野の記事を書くかどうかはわかりません。とりあえず今思いついているものは今までとちょっと毛色が違うネタになりそうです。
ひとまずよろしくお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「トランジスタ技術」2019年2月号 執筆記事の補足 [GNSS]

少し前になりますが、CQ出版社の雑誌「トランジスタ技術」2019年2月号で、恒例のGPS特集が組まれました。
みちびき×GPS! 世界最強1cmナビ体験DVD
cover_2019-02.jpg
実は、このGPS特集の中で、記事をひとつ執筆させていただいています。
82~87ページ Appendix
サブメータ補強サービス信号「L1S」を受信! Arduino ARMマイコン「SPRESENSE」

SONY製のコンピュータボード「SPRESENSE」とそのサンプルプログラムを使ってGNSS測位を行う記事になりますが、その後のArduinoライブラリの更新によってサンプルプログラムに変更が生じたため、記事の内容に実情と少し異なる部分が出てきました。ここでは、その差異の部分について、以下のとおり補足説明させていただきます。

--------------------
トランジスタ技術 2019年2月号 84~85ページ
「ステップ4:サンプル・スケッチの改造」の内容変更について

記事の中で説明しているサンプル・スケッチ「gnss.ino」は,記事執筆時点(2018年11月)でのSPRESENSE Arduino Library最新版(v1.1.0)に同梱されているものを使用しています.
その後,上記ライブラリが数回更新され,2019年1月16日にv1.1.3がリリースされました.
(2019年7月4日時点での最新版はv1.3.0)
その際に上記サンプル・スケッチ「gnss.ino」にも修正が加えられ,内部の構造が若干変更されたために,スケッチの改造についても,記事とは異なる方法を取る必要があります.

(1) 受信衛星システムの選択
v1.1.2以前のサンプル・スケッチでは,GPSは常に受信し,その他の衛星システム(GLONASS/QZSS/SBAS)については,関数Gnss.select()にて個別に追加する方式を取っていました.記事中のリスト1は,QZSS(L1C/A),QZSS(L1S)およびGLONASSを追加する例になっています。
新しいV1.1.3以降でのスケッチでは,この部分の構造が変更され,下記引用のように,使用する衛星システムの7通りの組み合わせがあらかじめ列挙型変数に割り当てられる方式になりました.
---------- gnss.ino (v1.1.3以降) 41~56行目 引用 ----------
/**
 * @enum ParamSat
 * @brief Satellite system
 */
enum ParamSat {
  eSatGps,            /**< GPS                     World wide coverage  */
  eSatGlonass,        /**< GLONASS                 World wide coverage  */
  eSatGpsSbas,        /**< GPS+SBAS                North America        */
  eSatGpsGlonass,     /**< GPS+Glonass             World wide coverage  */
  eSatGpsQz1c,        /**< GPS+QZSS_L1CA           East Asia & Oceania  */
  eSatGpsGlonassQz1c, /**< GPS+Glonass+QZSS_L1CA   East Asia & Oceania  */
  eSatGpsQz1cQz1S,    /**< GPS+QZSS_L1CA+QZSS_L1S  Japan                */
};

/* Set this parameter depending on your current region. */
static enum ParamSat satType =  eSatGps;

--------------------- 引用終わり ---------------------

上記7通りの組み合わせの中から1つ選択し,その変数を56行目に設定します.上記ではGPSのみ(eSatGps)ですが,例えば,GPS+QZSS(L1C/A)+QZSS(L1S)を受信する場合には次のように記述します.

static enum ParamSat satType =  eSatGpsQz1cQz1S;


(参考)
上記受信衛星システムの組み合わせを使用した場合のそれぞれの測位誤差(参考値)が,SPRESENSE公式サポート・サイト(下記URL)に記載されています.
Select positioning and augmentation satellite systems
各衛星組合せでの測位誤差(95%)
GPS: <5m
GPS + QZSS(L1C/A): <5m
GPS + GLONASS: 7.8m
GPS + QZSS(L1C/A) + QZSS(L1S): <2m

(2) 衛星の受信状況を1秒おきに出力させる
こちらの改造方法については,変更がありません.記事中のリスト2のとおりに修正します.
ただし,該当箇所の行番号が変わりましたので,85ページの記載は以下のように読み替えてください.
288行目 ⇒ 347行目
291行目 ⇒ 350行目

以上です.
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

謹賀新年 | BCLアンテナ比較 [アンテナ]

約3ヵ月ぶりの更新です。
活動の主軸がツイッターのほうに移ってしまい、さらにとある事情もあって、ついつい更新をサボッているうちに年を越してしまいました。
いちおうまだブログは続けるつもりでおります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて本題。ツイッターのほうで先行して投稿しましたが、私が自宅で使っているBCL用受信アンテナの実力比較結果(劣悪環境時)についてご紹介します。
自宅は中波の送信所が近い強電界地域で、しかも今の季節は階下や近隣のエアコンによるローカルノイズが激しく、中短波受信を楽しむにはなかなか厳しい環境になっています。
いま稼働しているアンテナは4本ほどありますが、そのうち実用になっているのは自作ループMLA(北神電子サービス BCL-LOOP10)とホイップアンテナ(ApexRadio 303WA-2)の2本です。前者は磁界検出型アクティブ、後者は電界検出型パッシブで、それぞれタイプが異なり、受信バンドによって得意・不得意、一長一短があります。

BCL-LOOP10
(市販Vダイポールの先端をアルミパイプでつないだ三角形ループアンテナ)
DSC_0008.JPG

303WA-2 (画面中央のホイップアンテナ)
DSC_0013.JPG

これら2つのアンテナをKiwiSDRのウォーターフォール画面で比較してみます。
まずは常用している自作MLA(BCL-LOOP10)のほうです。
KiwiSDR_WF_BCL-LOOP10_20190101.JPG
階下のエアコンが動いている状態では、8MHz以下のノイズフロアが高くなります。特に、2MHz付近がかなり持ち上がっているのがわかります。この状態では、中波DXの入門局であるDWNX(1611kHz)は受信できません。中波の低いほうは大丈夫で、693kHzのBangladesh Betarや850kHzのKICYは受信できます。

つづいて、303WA-2のほうです。
KiwiSDR_WF_303WA-2_20190101.JPG
303WA-2は普段は非常に静粛なアンテナなのですが、階下のエアコンが動いている状態ではかなり広範囲にノイズフロアが上昇します。このことから、エアコンが出しているノイズは主に電界成分が多い、ということがわかります。特に5.5~8MHz付近の上昇が激しく、この周波数帯は実用になりません。また、中波帯の感度が低いのはこのアンテナのもともとの特性のようです。

次に、特定の周波数での受信状態を比較してみます。
2つの周波数での受信の様子を動画でキャプチャしました。
受信機:Airspy HF+
SDRソフト:SDR-Console ver.3.0.3

2018年12月30日21:44- 7500kHz KTWR
BCL-LOOP10 ⇒ 303WA-2 ⇒ BCL-LOOP10
の順にアンテナを切り替えています。

アンテナを303WA-2に切り替えたとたんに、ノイズフロアが20dB以上ブワッと上がって音楽が聞こえなくなっています。

2018年12月31日17:34- 9765kHz RNZI
BCL-LOOP10 ⇒ 303WA-2 ⇒ BCL-LOOP10 ⇒ 303WA-2 ⇒ BCL-LOOP10
の順に15秒おきにアンテナを切り替えています。

こちらの9MHz帯ではほぼ互角の結果でした。聴感上では差がありませんが、WF画面で見ると、303WA-2の時にわずかにノイズフロアが上がり、周期性のノイズも重畳しているのがわかります。

このように、ローカルノイズが重畳した劣悪環境下では、磁界検出型のスモールループアンテナが有利であることがわかります。
いちおう念のために断っておきますが、今回は劣悪環境下での比較結果です。エアコンが稼働していない季節には、逆にパッシブ型である303WA-2のほうがノイズフロアが低くなる場合が多いです。私のところで5MHz帯のAIR地方局や4930kHzのVOAボツワナなどを聞く時には、303WA-2のほうが良好に受信できます。

以上、年末に行ったBCLアンテナ比較結果でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『電波受験界』休刊 [技術]

ツイッターのフォロワーさんのツイートで知ったのですが、自分にとってはちょっと衝撃的なニュースが飛び込んできました。無線従事者国家試験の受験指導雑誌である『電波受験界』が今年12月号で休刊するとのことです。
「電波受験界」休刊のお知らせ
この『電波受験界』は、アマチュア無線を除くプロの無線従事者の国家資格を取得しようとする人であれば、その大部分が購読したことがある雑誌だと思います。かなりマイナーではありますが、大きな書店に行けばまだたいていは置いてあります。
最新の試験問題、解答の指針と解説、問題の出題状況分析などが載っており、受験者にとっては欠かせない情報が満載です。私もかなりお世話になりました。うちにもバックナンバーがまだ30冊ぐらいあります。
毎年5月号に別冊付録で「無線従事者への道」という国家試験ガイドが付いていました。このガイドにはアマチュア無線に関する情報もあります。
この雑誌のおかげで、1陸技・1海通・工事担任者・電気通信主任技術者と芋づる式に資格を取ることができましたが、その後、資格取得熱が冷めて、そういえば最近はもう買ってませんでした。
DSC_0098_.jpg
家にあるバックナンバーを漁ってみたところ、最後に買ったのは平成27年5月号だったようです。別冊付録もありました。
最近になってから、無線従事者資格以外に工事担任者・電気通信主任技術者についての記事も扱いを始めるなど、内容を拡充していたので、この雑誌だけは無くならないとタカをくくってましたが、やはり時代の流れでしょうか。もはや紙媒体の時代ではない、ということを如実に表わしています。個人的にはさびしいですが、仕方ありませんかね。
今までの感謝の気持ちとして、先ほど最新の11月号を注文しました。最終号も当然ながら買います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みちびき3号機(QZS-3)アラート解除 [GNSS]

(メール投稿のテストを兼ねて)
ちょっと投稿が遅くなりましたが、先週9/14(金)にみちびき3号機(QZS-3)のアラートフラグが解除され正常運用に復帰しました。
自宅のKiwiSDRでもアラートがOFFになっていることが確認できました。昨日9/18の9:40ごろの画面を貼っておきます。4機同時受信できています。
数か月前に発生した機器トラブルの対策として、QZS-3は送信電力をやや落とした状態での運用になったために、他の衛星と比べて受信レベルが低くなっています。
2018-09-19T10:17:47.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

みちびき 久しぶりの4機同時受信 [GNSS]

9月7日に、みちびき(準天頂衛星システムQZSS)の3号機が久しぶりに運用再開するとの予告が公式サイトで発表されました。(下記)
準天頂衛星の試験運用の再開について(内閣府宇宙開発戦略推進事務局)

また、本日(9月10日)夕方になって、高須先生のところで3号機(QZS-3 L1C/A PRN199)の送信再開を確認したとの一報が入りました。
高須先生の日記・備考録
これまでは通常よりも10dB以上信号レベルが低く、また航法データも乗っていない状態になっていたそうですが、これでとりあえず正常復帰したことになります。ただし公式発表にもあるとおり、送信出力がやや低い状態はこれからも継続するようです。

私の自宅にあるKiwiSDRでも3号機(QZS-3 PRN199)の受信が確認できました。約3ヵ月ぶりです。下の絵は本日17:00JSTごろに画面キャプチャしたものです。
KiwiSDR_GNSS_201809101700_.jpg
信号レベル(RSSI)は低いものの、正常に航法データが復調され、しっかり受信できています。ただしアラートフラグ"A"が立っているので、通常の受信機では測位演算には使用されません。しかしこのKiwiSDRの場合は、アラートお構いなしに測位に使う設定にすることができるので、測位結果がおかしな値になることがあります。
そして、これはたまたまですが、みちびきQZSSの衛星を4機同時に受信している瞬間をキャプチャすることができました。(Q193・194・199・195)
KiwiSDRは、最近のソフト更新でGalileo・GPS・QZSSという3つの測位衛星システムを受信できるようになりましたが、「指定席」が12個と非常に少ないため、席の奪い合いが激しく、QZSSを4機同時受信するタイミングはめったに現れません。非常にラッキーな場面に出くわしました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -